見過ごさないで!ガンとその初期症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

がんでじたばたしないために

がんと宣告されると、多くの方が茫然自失し、精神的にかなり参ってしまいます。
妻や子どものこと、やり残した仕事のこと、自分の将来設計のことなど、いろいろと思い悩んでいたことが吹っ飛んでしまうものです。
しばらくは何も手につかず、頭の中が真っ白になっているかもしれません。
でも、諦めてはいけません。
転移がなければ望みを大きく持つべきです。
しかし、治療にはそれなりの時間と費用が必要になります。
家族の協力も必要でしょう。
がんと宣告されてじたばたしないためには、それなりの備えをしておくことが大切です。
運良く、外科手術で病巣を完全に摘出できても、術後の療養や再発を防ぐための治療などが待っています。
外科手術が難しい場合は、激しい痛みなどのがんの症状とたたかいながら、放射線治療や抗がん剤の投与を続けることになります。
そうなると、医療費はもちろん、仕事にも支障をきたし、収入も減少することが予想されます。
そうしたときに、助けてくれるのががん保険です。
がんと診断されただけで、診断給付金という一時金がでます。
診断給付金は契約内容や保険によって異なります。
診断給付金の額は100万円〜500万円までが一般的ですが、1000万円まで保障している保険もあります。
一時金だけでなく入院費や通院費もカバー、さらに再発に対応している保険もあり、がん治療を生涯サポートしてくれます。
がんとの闘病生活は長期に渡ることは避けられません。
どうしても貯蓄だけでは心細くなります。
治療意欲があっても、治療費用が工面できずにあたふたしてしまうことがないように、元気なうちから準備しておくことが、がんで死なないための大切な条件です。
また、がん保険には先進医療に対応している保険もあります。
医療技術は日々進化しています。
しかし、新しい治療法は保険の適用外で自己負担になります。
でも、先進医療もカバーしている保険であれば、積極的に最新治療も受けられるのです。
Copyright (C)2017見過ごさないで!ガンとその初期症状.All rights reserved.