見過ごさないで!ガンとその初期症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

がん予防と対策

がんは今も死因のトップです。
治療法も確立されているとはいえません。
いまだ不治の病と考える人も多いのではないでしょうか。
では、がんで死なないためにはどうすればよいのでしょうか。
皮肉にも原爆をきっかけにがんの研究は加速しました。
近年、研究が進み、医療技術が発達したおかげで、その発生のメカニズムが明らかになりつつあります。
また、効果のある治療法も徐々に出てきています。
がんにならないためには、正しい食生活やストレスのない規則正しい生活が基本です。
その上で、がんリスクを高めるさまざまな要因を取り除き、健康管理をしっかりと行なうことが大切です。
偏食や喫煙はもちろん今すぐにやめなければなりません。
徹夜などの不規則な生活も同然です。
しかし、一定の収入を得て生活する以上、なかなかそんなわがままは言えません。
ですから、喫煙や偏食をやめるといったことしかできないのが現実かもしれません。
大切なのはがんで死なないことです。
そのためには少なくとも年に一回はがん検診を受けることです。
現在のところ、早期発見、早期治療ががんで亡くならないための最大の効果的な対処法なのです。
どんな些細な症状も見逃さないことが大切です。
腹痛、胸やけ、吐き気、胃もたれなどの症状が慢性的にある人は胃がんを疑った方が良いでしょう。
吐血してからでは遅いのです。
咳や痰が止まらないことがあるという方は肺がんを疑うべきです。
肺がんの場合は早期からこうした症状が現れる場合があるので、できるだけ早く肺のCTを撮るなどの検査をすることが重要です。
慢性的な下痢や便秘のある人は大腸がんのリスクが高いと考えた方がいいでしょう。
血便などの症状が出ている場合はかなりがんが進行している可能性が高いといわれています。
ですからこうしたリスクを抱えている人も早めに検査を受けるべきでしょう。
Copyright (C)2017見過ごさないで!ガンとその初期症状.All rights reserved.